中途採用されない人が持つ間違った視点

中途採用の面接においては、新卒採用とはまったく違う視点で面接が行われます。

ですので、しっかりした準備をしないと中途採用の面接を受けても何度も何度も不採用をもらうはめになります。

まず、中途採用されるには、正しい視点を持つことが重要なのです。

 

給与・待遇面などばかり気にしている

中途採用の面接のときに、給与や待遇面ばかりをしつこく聞いてくる人がいますが、これはかなりマイナスポイントになります。

面接官側の立場になってまずは考えてみましょう。

なぜ今中途社員を募集しているのでしょうか?

例えば、新しい事業の立ち上げに伴い、業界経験者の知恵やスキルを必要としているからとか、新卒を育てて一人前にするまでの時間やコストがないので、即戦力が欲しいという場合が多いのです。

ですので、面接官側が一番知りたいのは、「うちの会社で何ができるのか?」「会社にとってすぐに利益になる人材なのか?」ということなのです。

それを知った上で、話しを進めたいわけですし、逆に言うと、期待できない人に対して色々やり取りするのは時間の無駄になってしまうのです。

しかし、中途採用でなかなか内定をもらえない人は、「この会社に入ったら昇給はどのくらいあるのでしょうか?」「ボーナスはどのくらい出ますか?」「福利厚生はどうなっていますか?」といったことばかり質問するのです。

先ほども触れたように、面接官の目的は、「会社にとってすぐに利益になる人材か?」と見極めることですから、給与や待遇などばかり気にする人に対していらだちを覚えるでしょう。

そもそも、そのようなことばかり質問する行為自体、失礼に値しますから、面接官の信頼を得ることは難しいでしょう。

 

仕事を教えてもらえれば頑張ります(?)

中途採用で内定をもらえない人は、そもそも自分の市場価値を把握していません。

市場価値とは、ニーズのことです。

中途採用で内定が取れる人は、、会社のニーズに合致しているから採用されるのです。

要するに、中途採用される人は「会社の痒い所に手が届く人」であるから採用されるわけです。

しかし、このようなスタンスの人だったらどうでしょうか?

「私はこの業界の未経験者ですが、そちらが私に仕事を教えてくれれば一生懸命頑張りたいと思います。」

意外とこのようなスタンスで中途採用面接に臨む人は多いです。

これは言い換えれば、「私は会社の利益になる保証はありません、でもとりあえず私に給与を払って下さい」と言っているようなものなのです。

どんな会社でも、余剰に人材を雇っている余裕はありません。

ですからまず、自分の市場価値を把握した上で、その市場価値を評価してくれそうな会社に応募すべきです。