退職前は気を付けて!有給休暇で損をしないために

会社を退職する時は十分な準備が必要です。

一社会人として、人に迷惑をかけるような辞め方はしたくないものですよね。

会社を退職する前には、残務整理や引継ぎなどを終わらせておかなくてはなりません。

しかし、それだけではありません。

うっかりしていると忘れて大損!になりかねないこともあるのです。

それが「有給休暇」。

特に勤務年数が長い人は、有給休暇をあまり意識していないこともあり、存在を忘れたまま退職してしまった・・・なんてことも。もったいないですね。

そこで今回は、退職前にチェックすること「有給休暇編」ということでまとめてみました。

参考にしてみてください。

 

退職前に有給休暇をまとめて取得しよう

有給休暇の取得は、労働基準法で認めてられている権利です。

会社によっては、上司に取得を嫌がられてしまったり、暗黙の了解で取得しない風潮になっていたり・・・と、現実ではなかなか取ることができない会社もあるかと思います。

しかし、先ほど言った通り、有給休暇はきちんとした権利で、会社に半年以上勤続していて、8割以上出勤していれば、最低でも1年で10日はもらえるものです。

ですから、大量の有給休暇を残したまま退職してしまうのは、もらえるはずのお給料をもらわないの同じで、とてももったいないことなのです。

そんな、なかなか有給休暇を取得できなかった人は、退職前に残っている有給休暇をまとめて取得してしまいましょう。

有給休暇を退職日までの出勤日にすべてあててしまい、退職日だけ出勤すればよいのです。

退職前ですから、会社へ遠慮する必要はありません。

権利なのですから、堂々としていれば大丈夫。

ただし、冒頭でもお話ししたように、残務整理や引継ぎ等を優先するのは当然です。

万が一、それらが残っているにも関わらず、無視して強引に有給休暇の取得を主張しても、会社側も時期変更権という権利を持っているため、有給休暇の取得を別日にずらさなければいけません。

自分の仕事はきっちり終わらせなければ、権利だけを主張することはできないということです。

 

有給休暇を取得できない場合は?

そうはいっても、退職までに日にちがない場合は、すべての有給休暇を取得することはできませんよね。

その場合はどうしたらよいのでしょうか?

このようなケースの場合、有給休暇を会社側に買い取ってもらえないかを交渉するのも一つの手です。

会社にまだ勤務している状態で、有給休暇を買い取ってもらうのは違法です。

有給休暇は心身ともにリフレッシュするための制度であって、お金に換金するためのものではないからです。

しかし、退職する場合で、日数的にすべての有給休暇を取得できない場合は、買い取りを行ってもよいのです。

ただし、一つ注意してほしいのは、会社側に買い取りの義務はないということ。

あくまで会社と退職者の合意が得られれば、買い取りもできるということになります。

会社を退職する際は、迷惑をかけないように身の回りの整理をきちんと行っておくことがマナーですが、損をしないよう、賢く行動することも大切。

せっかくの有給休暇を無駄にしないように、計画的に退職準備を進めていきましょう。