良い転職をするために何が必要なのか?

そもそも転職をする目的な何なのでしょうか?

仕事をすることによって他の人の役に立っていると実感することができ、社会との接点を持つことの喜びを感じることができ、プライベートも豊かにできます。

本来の仕事の形はそのようなものだと思うのです。

しかし、転職したことによって以前より経済的、精神的な状況が悪くなってしまう人も少なくないのです。

 

自分はどのようなライフスタイルを希望しているのか

転職をするとライフスタイルが変わる場合が多くなると思います。

というのは、転職によって就業時間が変わることもありますし、休日が変わることもあります。

勤務地が変わったことによって通勤時間も変わりますし、良い意味でも悪い意味でも仕事によるストレスの種類や質も転職することによって変わるでしょう。

良い転職をするには、まず第一に自分が希望するライフスタイルはどのようなものなのかを確認しておくことです。

どういうことかというと、プライベートを充実させたいライフスタイルを希望する人が、給与はいいものの休日や定時あがりの少ない会社に転職してしまえば、その会社に勤めている限りはプライベートを充実させることは難しいでしょう。

また、逆に、人生を仕事で充実させたいという人が、週3日も休みのある会社に転職してしまったら、物足りなくなってしまうかもしれません。

このような、理想と現実のギャップが転職の失敗を招くのです。

 

自分の市場価値を十分把握しておく

良い転職をする上で必要なのは、あらかじめ自分の市場価値を十分に把握しておくことです。

市場価値を把握するとは、言い換えれば自分のどの部分にニーズがあるのかを把握することです。

具体的には、飛び込み営業に10年携わっていた人であれば、営業職へのニーズは高めだと考えられます。

飛び込み営業というのは、アポなしでしかも初対面の相手に対して、物やサービスを売るわけですから、相当なスキルが求められます。

また、ホームページを制作できたり、プログラミングができる人は、その分野で即戦力になれますから、ニーズが高いわけです。

逆にホームページ制作やプリグラミングがどんなにできても、営業の分野に関してはニーズはないと言えるでしょう。

ですので、良い転職を目指すのであれば、自分はどんな仕事がしたのかを把握しておくことも必要ですが、自分の市場価値も把握しておくことが必要なのです。