採用されやすい人材になるためには?

転職活動は、何社からも内定をもらうことができ、その中から就職先を選ぶことができる人と、何社採用面接を受けても内定が1つももらえないという2パターンに分かれます。

要するに、転職市場では勝ち組と負け組がはっきり分かれる傾向があるのです。

この違いは何なのでしょうか?

実は、採用されやすい人材はそれなりの準備をして転職活動に臨んでいるからです。

 

採用されやすい人材になるためには有識者からアドバイスをもらうこと

内定をなかなか取れない人は、厳しい言葉で表現すれば「自分を過信している」ということになります。

自分を過信していると、全てがひとりよがりになってしまのです。

要するに、面接を受ける際の服装や、面接での受け答え、履歴書や職務経歴書の書き方などがすべて自己流なのです。

自分が自分に下す評価と、他人があなたに下す評価は一致するものではありません。

むしろ多くの場合、相当なズレがあるのです。

一番良い方法は、転職コンサルタントのプロの目で見てもらい、ズレを修正することです。

リクルートやマイナビに代表される転職サービス会社では、登録すれば無料で面接での正しい受け答え方や、履歴書、職務経歴書の書き方を教えてもらうこともできます。

その道に精通している人に聞いて正しいやり方を教えてもらった方が効率がとても良いわけです。

何社も面接を受けたがまったく採用されないという人が、転職コンサルを受けたら内定が取れるようになったという話しはよく聞きます。

実は、企業が応募者を不採用にするのは、年齢やスキルありなしということよりもまず「なんかこの人ズレてるな・・・」と思ってしまうからなのです。

 

転職に強い人は自己分析が十分できている

内定をたくさん取れる人は自己分析ができています。

自己分析ができていると、自分の市場価値をアピールしやすいのです。

つまり、自分には何ができて何ができないのかが把握できているので、面接官にどの分野で自分が即戦力になれるのかを分かりやすく伝えることができます。

新卒と違い、中途採用の場合、企業側が一番関心を持っていることは、即戦力になり得るかどうかなのです。

また、自己分析できていることで、自分の市場価値を客観的に判断することができます。

つまり、自分に対する社会のニーズはどのくらいあるのかを把握している上で転職活動に臨むので、企業側との間にズレが生じにくいのです。