就職先はどのような視点で決めたらいいのか?

どのような会社に就職したらよいのかを考える上で一体何が必要なのでしょうか?

自分の好きな仕事をやらせてもらえるかとか、就業時間は何時から何時なのか?休日は何曜日なのか?に関して自分の希望と合致するのかなどを確認することも必要です。

しかし、就職先を探す上でもっとも大切なのはそのようなことではありません。

では、どのような視点をもって就職先を探せばよい就職ができるのでしょうか?

 

リクナビやマイナビにエントリーすればよい就職先を見つけられる?

高校生であれば、3年生になると学校の掲示板に求人情報が張り出せれるようになり、先生と相談しつつ、就職先を決めていく形が多いと思います。

大学生であれば、リクナビなマイナビにエントリーして情報を集め、インターンシップなどを経て就職先を決めていくことでしょう。

しかし、学校から斡旋される仕事やリクナビマイナビで紹介されている仕事は必ずしも良い就職へとは繋がりません。

新卒でも中途でも同じことが言えますが、紹介される情報を鵜呑みにして決めるのではなく、正しい視点をもって就職先を決めないと良い就職は決しでてきないのです。

では、どのような視点を基準にして就職先を決めたらよいのでしょうか?

 

安い商品を売っている会社は社員教育がしっかりしていない

例えば、あなたがデスクチェアーを買おうと思って家具屋さん廻りをすることにしたとします。

一件目に入った家具屋さんは低価格を売りにしている家具屋さんです。

あなたはある椅子が気になったので座り心地を試してみたところ、うまくフィットしませんでした。

どうやら椅子の素材が硬いため自分にはフィットしなかったようです。

そこで店員に、「この椅子はどんな素材でできているのですか?」と聞いたところ、「詳しくは分からない」といった返答がかえってきたわけです。

その店員は、調べることもなくそのように応対してきたのです。あなたは結局その家具屋さんで椅子を買いませんでした。

次に訪れたのは、先ほどとはうって変わって、高級家具屋さんです。

そこで気になる椅子を見つけたあなたは、その椅子の素材や作りについて店員に効いたことろ、非常に丁寧に応対してもらえました。

少々値段は高いが、その椅子の質に高さに納得したので、購入を決めたのです。

 

社員教育がしっかりしているかどうかを視点に加える

前項の2つのお店の違いがお分かりでしょうか?

最初の家具屋さんと後の家具屋さんでは、社員の教育がしっかりされているかされていないかの違いが明白なのです。

全ての会社がそうとは言えませんが、安い商品を売りにしている会社は、社員教育が不十分な場合が多いように思えます。

あなたは、社員教育がしっかりしている会社とそうでない会社、どちらに就職したいでしょうか?

学校やリクナビ、マイナビから紹介される会社はどのような商品をどのくらいの価格で販売しているでしょうか?

高級路線であればあるほど、社員教育がしっかりしている傾向が強く、それゆえにあなたは仕事でたくさんのスキルを身に着けられるかもしれません。

そのような視点も踏まえて就職先を選んでみてはいかがでしょうか?

自分に合った仕事の探し方