国民健康保険と健康保険はどちらに加入するのがお得なのか?

今の会社に将来はない、嫌な上司にこれ以上付き合っていられないと半ばケンカ別れするかのように仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

ただ、先のことを考えず感情だけで現状の仕事を即退職してしまうと、その後各種手続きのうっとうしさやお金の問題がどんどん出てくるのでうんざりしてしまいます。

ですから、仕事を辞める前に事前に各種保険のことなどについてある程度知っておくとよいです。

 

「仕事を辞めたい」その後訪れる面倒な保険の問題

会社に勤めていたときは、各種保険の手続きなどは会社がすべて代理で行ってくれていたため、あなた自身は何もすることなく、毎日同じように会社に出社し、同じように仕事をし、同じように退勤する毎日さえ送っていればよかったわけです。

しかし、会社を辞めてフリーになると、とたんに各種保険料の督促がとたんに自宅に届く形となります。

ずっとサラリーマンをしていた人にとっては会社を辞めると1から10まですべての手続きや支払いをやらなければならないことに、うんざりすると思います。

まず、もっとも大切なこととして、退職後の医療保険の加入手続きを忘れないことです。

我が国は、基本的にすべての国民に医療保険の加入が義務づけられているのです(国民健康保険法によって)。

ですから、会社で加入できる「健康保険」か市区町村が管理している「国民健康保険」のどちらかに加入する必要があります。

 

国民健康保険と健康保険の違いと保険料の比較

会社員の場合は、基本的に健康保険に加入していると思いますが、この場合、保険料は給与から天引きされる形となっており、保険料は会社と本人で折半になります。

ですから、あなたが在職中に支払っていた保険料は保険料全体の2分の1となっていたわけです。

実は、会社を辞めたあとでも、退職日の翌日から20日以内であれば手続きををして退職前に加入していて健康保険を最長2年間継続することができます。

(条件として、退職前に連続して2ヶ月以上健康保険に加入している必要がありますが)

一方、国民健康保険は市区町村が管理する保険で、自営業者や無職の人が入るケースが多いですが、支払う保険料の金額については、実は市区町村によって異なります。

とすると、市区町村が加入の窓口となっている国民健康保険と、会社で加入する健康保険とどちらが負担金額が低く済むのかという議論になると思います。

特に失業期間中は保険料が安い方がいいわけです。

実は、国民健康保険の保険料は、住んでいる地域と前年度の所得によって違ってきます。

一方、退職したあとも健康保険を継続する場合、保険料は標準報酬月額によって違ってきます。

ですから、国民健康保険については、自分の住む市区町村役場、健康保険については、自分の住んでいるエリアを管轄する社会保険事務所に問い合わせて比較するしかありません。