仕事探しをする上で事前に確認すべき2つのこと

少子高齢化による労働者不足は、企業にとって深刻な問題となっています。

特に若い世代の働き手が不足しているため、どの企業も若手の人材の取り合いになっています。

しかし、この状況は働ける人材にとって好機と言えます。

労働者の売り手市場のため、転職が容易な時代と言えるからです。

 

①現職の会社で抱えている不満解消されるわけではない

転職できるチャンスがたくさんあるのであれば、不満が募るだけの現職の会社を辞めてしまってもっと条件の良い、あるいはもっと環境の良い会社に転職してやろう!

と思う人は多いと思います。

しかし転職によってすべてが好転する人は実はほとんどいないのです。

現状の会社で人間関係に悩んでいる人は、転職すればいったんはその悪い人間関係から逃れられるかもしれませんが、今度は同じように転職先で別の人間関係に悩むことになるかもしれません。

仮に、転職先で人間関係が完全に解消できたとしても、今度は別のことで悩みを抱えるわけです。

例えば、給与が思ったよりもらえない会社だったとか、役職・ポストが下がったとか、通勤時間が増えたとか、残業時間が増えた、休日が減ったなど。

要するに、仕事とは何かしらの悩みを抱えていくことでもあるのです。

いわば「宿命」と言えるでしょう。

ですから、現職の会社の不満を理由にした転職はうまくいかないのです。会社を変えるのではなく、自分自身を変えないと、自分の「天職」にはたどり着けません。

 

②資格を持っていてもあまり意味がない

なかなか転職できない人がよく口にすることですが、資格がないから自分は転職できないのだとか、転職の成功には資格が欠かせない、だから転職する前に資格を取得しておくのがマストだと言います。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

実は、新卒の場合と違い、中途採用の場合は資格よりも実績が求められるのです。

そもそも、中途採用を実施する企業は何を求めているでしょうか?それはやはり即戦力なのです。

資格を持っていても、それはぺーバーで、実務をやったことがないという人材を採用した場合、結局いちからその業務を手取り足取り教えなければならない場合も多いです。

こう考えてみましょう。

例えば、あなたがお金持ちで車の運転手を雇おうと思った場合、ぺーバードライバーを雇ったりするでしょうか?

恐らくしないのではないでしょうか?

もちろん車を運転するのであれば、運転免許は必須なわけですが、できればペーパーではなくて、経験豊富なドライバーの方が安心して仕事を任せられるわけです。

ですので、実務経験がほとんどない資格は、転職にはあまり有利に働きませんので、この点についても覚えておきましょう。