仕事を辞めた場合の健康保険・年金はどうなる?

仕事で嫌なことがあって仕事を辞めたい、上司をそりが合わないから仕事を辞めたい。

意外と人間というのは、簡単に会社を辞めてしまいます。

しかし、会社を辞めるのはいいのですが、そのあとの手続き等は簡単ではありません。

 

健康保険を国民健康保険に切り替える必要がある

会社に勤めていた場合は、なんだかんだ会社に守られていたのです。

健康保険、厚生年金に加入できるため保険料の金額の半分は会社が負担してくれていました。

また、各種保険の手続きも会社がすべてあなたの代わりに行ってくれていたのです。

会社を辞めるということは、各種保険の手続きを中心に、自分で色々やっていかなければならないという形になります。

長年サラリーマンをやっていた人であればあるほど、その面倒くささに嫌気がさすことでしょう。

現状の会社を辞めた翌日から次の会社に入社できれば問題はないですが、失業期間が開いてしまうと実に面倒です。

まず早急にやらなければいけないのが健康保険が失効するので、国民健康保険に切り替えなければなりません。

これには、辞めた会社で用意したもらう書類を市区町村役場に持っていき切り替えの手続きをする形となります。

国民健康保険への切り替えができていないと、自分の保険証が存在しないことになってしまうわけですから、病院での診察料が100%負担となってしまうため要注意です。

(国民健康保険に加入してれば、診療費の負担は3分の1になります)

しかし実は、辞めた会社の健康保険に退職した後であっても最長2年までなら加入を継続することができます。

これは任意なのですが、退職日までに健康保険に2ヶ月以上継続して加入していた場合に限って、退職日の次の日から20日以内に管轄の社会保険事務所などで手続きすればOKです。

この場合の保険料の負担額に関しては、標準報酬日額によって決まるので、社会保険事務所などで調べてもらうとよいです。

場合によっては、辞めた会社の健康保険に加入し続けた方が、国民健康保険に加入するより負担額が少なくて済む場合もあります。

 

厚生年金は国民年金に

会社に属していたころは厚生年金に加入していた形になっていたと思います。

会社を辞めると厚生年金から国民年金へ切り替わります。

日本国民は収入の有無に関わらず、20歳以上であれば国民年金に加入しなければいけない形となっています。

実は、厚生年金は、国民年金にプラスして厚生年金が加算されてものなのです。

ですから、会社を辞めることによって厚生年金の負担がなくなり、国民年金に一本化される形となります。

こちらに関しては、免税を申請することもできるが、将来の年金の受取り額が少なくなります。