仕事を辞めたいから結婚したいのは正しいことなのか?

「寿退社」。

女性にとってとても憧れる魅力的な言葉かもしれません。

仕事を辞めるときには花束を渡され、皆に祝福されるのは実に優越感を感じることでしょう。

しかし、仕事を辞めたいがために結婚する女性も多くいるのは事実です。

 

せこい思考?仕事を辞めるために結婚する

毎日満員電車に揺られ、やりたくもない仕事をさせられ、嫌や上司や同僚につき合わされ、安月給で働く。

このような負のスパイラルの毎日であれば、仕事を辞めてリタイアしたいと強く思うかもしれません。

投資などで成功し、経済的自由人にならない限り、私たちは毎日は労働しなければなりません。

しかし、女性の場合、結婚することで、ある意味「労働する必要のない経済的自由人」になることができます。

夫に自分の分まで働いてもらい、養ってもらうことによって、自分自身は働かなくても済むわけです。

「仕事からの逃げ道」として結婚するという道を選らぶ人もいます。

そのような人生の決断をする人は、本当に経済的自由になり、幸せな人生を送ることができるでしょうか?

 

結婚すれば仕事とは違う苦労が出てくる

結婚すれば、労働を含め面倒なことは全て旦那さんが面倒を見てくれると密かに考えて結婚する人は意外に多いです。

ただ、現実はそう甘くはありません。

結婚すれば、パートナーの人生にも責任を持たなければならなくなります。

例えば、旦那さんが今後失業を絶対にしないという保証はありませんし、旦那さんが病気な怪我のため仕事ができない状態になることだってあり得るわけです。

自分は仕事をせず、楽して暮らせる、人生安泰だと思っていたのに、理想と180℃逆の生活を強いられるわけです。

ですので、結婚というのは生活の安定を得られる“ツール”ではなく、リスクや不安要素が増えることなのです。

パートナーのリスクはあなたのリスクとなり得るのです。

 

仕事を辞めるために結婚までする必要はない

こうして考えると、仕事を辞めたいがために結婚を利用することは賢明な判断ではないことが分かると思います。

仕事を辞めたいということだけなら、なにも結婚をする必要はありません。

それよりも、自分が本当にやりたいと思う仕事を探す方がよっぽどあなたの人生を豊かにします。

男性でも女性でも、仕事をすることによって魂が磨かれ、人として成長していくものです。

ですから仕事を一生懸命することは、のちのち幸せ結婚生活に繋がっていきます。