「仕事辞めたい」ネットビジネスで生計を立てるのは可能か?

インターネットの普及により、今はYouTubeやアフィリエイトなどで生計を立てる人が増加傾向にあるのは事実です。

多くのインターネット起業家が、事業を始めた動機は「仕事辞めたいから」「会社に行きたくないから」というものがかなり多いです。

多くの人は、インターネットが好きで起業するというよりは、今の仕事から逃げる為に起業する人が多いのですよね。

では、もしあなたが「今の仕事を辞めたい」と考えている場合、ネットビジネスで生計を立てるのは可能かどうかということについてお話ししたいと思います。

 

「仕事辞めたい」人がたくさん参入するネットビジネスの「光」

「今の仕事辞めたい」という気持からネットビジネスに参入し、必死で努力した結果、月収100万、200万、それ以上に稼げるようになった人が実在するのは事実です。

それらの人は会社に行く必要もなく、家で自由に仕事ができます。嫌な上司もいませんし、同僚や顧客との人間関係で疲弊することもありません。

もちろん、ビジネスなので、完全に他人の接触を断ち切ることができるわけではなく、何かしらの形でお客さんや取引先と接触することになりますが、その頻度は会社員として働くよりも圧倒的に少ないわけです。

ですので、精神的、肉体的にもからり楽です。

そして、何よりも自分の頑張り次第で収益を倍々にしていくことも可能です。

会社員の場合は基本給のアップが年1回くらいありますが、個人で事業をした場合は収益が出た分そのまま自分の給与になります。

とても夢のある、そしてやりがいのある仕事と自由な生活を楽しむことができます。

 

ネットビジネスで生計を立てるのは可能なのか?

しかし、会社を辞めてネットビジネスに参入し、収益を上げていくのは楽なことではありません。

ネットビジネスでも、会社員としてでも、お金を得るということは相応の労力を費やさなければいけないわけです。

ましてや、ネットビジネスで100万、200万稼ぐの為には、会社員のように1日8時間の労働では足りないでしょう。

また、ネットビジネスを始めてから生活できるレベルまで収益を上げられるようになるまで、何年もかかる場合もあります。

でも、それをそれを実現する人もいるのは事実ですから、ネットビジネスで生計を立てることは可能ではあります。

ですので、あなたがもし「今の仕事を辞めたい」と思っているのであれば、今の仕事を続けながらコツコツとネットビジネスに取り組むのがベストです。