就職先はどのような視点で決めたらいいのか?

どのような会社に就職したらよいのかを考える上で一体何が必要なのでしょうか?

自分の好きな仕事をやらせてもらえるかとか、就業時間は何時から何時なのか?休日は何曜日なのか?に関して自分の希望と合致するのかなどを確認することも必要です。

しかし、就職先を探す上でもっとも大切なのはそのようなことではありません。

では、どのような視点をもって就職先を探せばよい就職ができるのでしょうか?

 

リクナビやマイナビにエントリーすればよい就職先を見つけられる?

高校生であれば、3年生になると学校の掲示板に求人情報が張り出せれるようになり、先生と相談しつつ、就職先を決めていく形が多いと思います。

大学生であれば、リクナビなマイナビにエントリーして情報を集め、インターンシップなどを経て就職先を決めていくことでしょう。

しかし、学校から斡旋される仕事やリクナビマイナビで紹介されている仕事は必ずしも良い就職へとは繋がりません。

新卒でも中途でも同じことが言えますが、紹介される情報を鵜呑みにして決めるのではなく、正しい視点をもって就職先を決めないと良い就職は決しでてきないのです。

では、どのような視点を基準にして就職先を決めたらよいのでしょうか?

 

安い商品を売っている会社は社員教育がしっかりしていない

例えば、あなたがデスクチェアーを買おうと思って家具屋さん廻りをすることにしたとします。

一件目に入った家具屋さんは低価格を売りにしている家具屋さんです。

あなたはある椅子が気になったので座り心地を試してみたところ、うまくフィットしませんでした。

どうやら椅子の素材が硬いため自分にはフィットしなかったようです。

そこで店員に、「この椅子はどんな素材でできているのですか?」と聞いたところ、「詳しくは分からない」といった返答がかえってきたわけです。

その店員は、調べることもなくそのように応対してきたのです。あなたは結局その家具屋さんで椅子を買いませんでした。

次に訪れたのは、先ほどとはうって変わって、高級家具屋さんです。

そこで気になる椅子を見つけたあなたは、その椅子の素材や作りについて店員に効いたことろ、非常に丁寧に応対してもらえました。

少々値段は高いが、その椅子の質に高さに納得したので、購入を決めたのです。

 

社員教育がしっかりしているかどうかを視点に加える

前項の2つのお店の違いがお分かりでしょうか?

最初の家具屋さんと後の家具屋さんでは、社員の教育がしっかりされているかされていないかの違いが明白なのです。

全ての会社がそうとは言えませんが、安い商品を売りにしている会社は、社員教育が不十分な場合が多いように思えます。

あなたは、社員教育がしっかりしている会社とそうでない会社、どちらに就職したいでしょうか?

学校やリクナビ、マイナビから紹介される会社はどのような商品をどのくらいの価格で販売しているでしょうか?

高級路線であればあるほど、社員教育がしっかりしている傾向が強く、それゆえにあなたは仕事でたくさんのスキルを身に着けられるかもしれません。

そのような視点も踏まえて就職先を選んでみてはいかがでしょうか?

自分に合った仕事の探し方

採用されやすい人材になるためには?

転職活動は、何社からも内定をもらうことができ、その中から就職先を選ぶことができる人と、何社採用面接を受けても内定が1つももらえないという2パターンに分かれます。

要するに、転職市場では勝ち組と負け組がはっきり分かれる傾向があるのです。

この違いは何なのでしょうか?

実は、採用されやすい人材はそれなりの準備をして転職活動に臨んでいるからです。

 

採用されやすい人材になるためには有識者からアドバイスをもらうこと

内定をなかなか取れない人は、厳しい言葉で表現すれば「自分を過信している」ということになります。

自分を過信していると、全てがひとりよがりになってしまのです。

要するに、面接を受ける際の服装や、面接での受け答え、履歴書や職務経歴書の書き方などがすべて自己流なのです。

自分が自分に下す評価と、他人があなたに下す評価は一致するものではありません。

むしろ多くの場合、相当なズレがあるのです。

一番良い方法は、転職コンサルタントのプロの目で見てもらい、ズレを修正することです。

リクルートやマイナビに代表される転職サービス会社では、登録すれば無料で面接での正しい受け答え方や、履歴書、職務経歴書の書き方を教えてもらうこともできます。

その道に精通している人に聞いて正しいやり方を教えてもらった方が効率がとても良いわけです。

何社も面接を受けたがまったく採用されないという人が、転職コンサルを受けたら内定が取れるようになったという話しはよく聞きます。

実は、企業が応募者を不採用にするのは、年齢やスキルありなしということよりもまず「なんかこの人ズレてるな・・・」と思ってしまうからなのです。

 

転職に強い人は自己分析が十分できている

内定をたくさん取れる人は自己分析ができています。

自己分析ができていると、自分の市場価値をアピールしやすいのです。

つまり、自分には何ができて何ができないのかが把握できているので、面接官にどの分野で自分が即戦力になれるのかを分かりやすく伝えることができます。

新卒と違い、中途採用の場合、企業側が一番関心を持っていることは、即戦力になり得るかどうかなのです。

また、自己分析できていることで、自分の市場価値を客観的に判断することができます。

つまり、自分に対する社会のニーズはどのくらいあるのかを把握している上で転職活動に臨むので、企業側との間にズレが生じにくいのです。

仕事辞めたい病を克服する唯一の方法

どんな職種に就いても、どんな会社に就職しても、しばらく勤務すると「仕事辞めたい」と言い出し、仕事を辞めてしまう。

これを「仕事辞めたい病」とここでは表現することにしますが、今その「仕事辞めたい病」が増えていると思います。

今回はその仕事辞めたい病の原因と、仕事辞めたい病の克服方法について紹介していきたいと思います。

 

広がる仕事辞めたい病

どの会社に就職しても仕事辞めたい病を発症し、仕事を転々としてしまう。結局定職に就けずにいるという人が増えているのはなぜでしょうか?

私は思うに、職場での人間関係がどんどん希薄になっているからだと思います。

近年、大学やスポーツ界においてパワハラが問題になったり、職場でのセクハラなども問題になっています。

確かに人の上に立つ立場の人間には、それなりの言動が求められるわけで、下の者に対して暴言を吐いたりいやがらせをするなどは許されないことです。

しかし、下の立場にいる人間も問題を大きくしてしまっている面もあると思います。

上の者の言動に対して過剰に反応してしまっているのではないでしょうか?

要するに、両者の間にはきちんとした信頼関係がないからこのようになるのです。

両者がお互いの長所、短所を把握し、根底に信頼関係があるとすれば、ささいな発言に過剰に反応して炎上することはないのではないでしょうか?

現代の若者は特に、SNSを利用する人が多いことも影響しているのかもしれません。他者との信頼関係を築く体験をする機会が非常に少ないように思え、それがパワハラやセクハラの問題を大きくしている1つの要因かもしれません。

 

仕事辞めたい病を克服するために今の仕事を本当に楽しめないかを再確認する

しかし、そうはいってもこれだけ希薄になってしまっている世の中の人間関係を、個人の力で変えることができません。

そうは言っても「仕事辞めたい病は、現代の人間関係の希薄さも原因なので解決のしようがないのだ」と放っておくこともできません。

私たちは何らかの仕事に就き、仕事を継続しなければ飯を食っていくことはできないからです。

ですので、仕事辞めたい病は解決しようがないと嘆くのではなく、この状況を自分で何とかできないかを考え行動していくべきです。

仕事辞めたい病を克服するためにおすすめしたいのが、現状の仕事で本当にやりがいや楽しさを感じられないかを考えてほしいと思います。

今の仕事が面白くない、会社がつまらないと思う原因の1つは「本気で仕事に向き合っていなから」なのかもしれません。

実は、その仕事がトイレ掃除だったとしても、本気になって仕事に取り組めば仕事を楽しむことができますし、やりがいを感じることもできます。

本気で仕事に向き合うと、どうしたら効率良く作業ができるか、どうしたら利用者に満足してもらえるかを考えて、実行することになります。

こうして失敗と修正を加えていくことで仕事がうまくなっていき、仕事にやりがいや喜びを見出すことができるのです。

ですので、もし自分が仕事辞めたい病だと感じるのであれば、まずは現状の仕事に本気で取り組んでみてほしいと思います。

退職前は気を付けて!有給休暇で損をしないために

会社を退職する時は十分な準備が必要です。

一社会人として、人に迷惑をかけるような辞め方はしたくないものですよね。

会社を退職する前には、残務整理や引継ぎなどを終わらせておかなくてはなりません。

しかし、それだけではありません。

うっかりしていると忘れて大損!になりかねないこともあるのです。

それが「有給休暇」。

特に勤務年数が長い人は、有給休暇をあまり意識していないこともあり、存在を忘れたまま退職してしまった・・・なんてことも。もったいないですね。

そこで今回は、退職前にチェックすること「有給休暇編」ということでまとめてみました。

参考にしてみてください。

 

退職前に有給休暇をまとめて取得しよう

有給休暇の取得は、労働基準法で認めてられている権利です。

会社によっては、上司に取得を嫌がられてしまったり、暗黙の了解で取得しない風潮になっていたり・・・と、現実ではなかなか取ることができない会社もあるかと思います。

しかし、先ほど言った通り、有給休暇はきちんとした権利で、会社に半年以上勤続していて、8割以上出勤していれば、最低でも1年で10日はもらえるものです。

ですから、大量の有給休暇を残したまま退職してしまうのは、もらえるはずのお給料をもらわないの同じで、とてももったいないことなのです。

そんな、なかなか有給休暇を取得できなかった人は、退職前に残っている有給休暇をまとめて取得してしまいましょう。

有給休暇を退職日までの出勤日にすべてあててしまい、退職日だけ出勤すればよいのです。

退職前ですから、会社へ遠慮する必要はありません。

権利なのですから、堂々としていれば大丈夫。

ただし、冒頭でもお話ししたように、残務整理や引継ぎ等を優先するのは当然です。

万が一、それらが残っているにも関わらず、無視して強引に有給休暇の取得を主張しても、会社側も時期変更権という権利を持っているため、有給休暇の取得を別日にずらさなければいけません。

自分の仕事はきっちり終わらせなければ、権利だけを主張することはできないということです。

 

有給休暇を取得できない場合は?

そうはいっても、退職までに日にちがない場合は、すべての有給休暇を取得することはできませんよね。

その場合はどうしたらよいのでしょうか?

このようなケースの場合、有給休暇を会社側に買い取ってもらえないかを交渉するのも一つの手です。

会社にまだ勤務している状態で、有給休暇を買い取ってもらうのは違法です。

有給休暇は心身ともにリフレッシュするための制度であって、お金に換金するためのものではないからです。

しかし、退職する場合で、日数的にすべての有給休暇を取得できない場合は、買い取りを行ってもよいのです。

ただし、一つ注意してほしいのは、会社側に買い取りの義務はないということ。

あくまで会社と退職者の合意が得られれば、買い取りもできるということになります。

会社を退職する際は、迷惑をかけないように身の回りの整理をきちんと行っておくことがマナーですが、損をしないよう、賢く行動することも大切。

せっかくの有給休暇を無駄にしないように、計画的に退職準備を進めていきましょう。

仕事探しで失敗する人の特徴とは?

私たちにとって「仕事」とは有限である人生の時間の多くを費やすものです。

ですから、自分はこれからどんな仕事に就きたいのかを事前に熟考し、仕事探しに取り掛かるべきです。

この作業を面倒くさいと放棄してしまったり、いい加減にしてしまっては、よい仕事人生を送ることは不可能です。

ですから、仕事探しで失敗しないために、仕事探しで失敗する人の特徴を知っておくようにしましょう。

 

仕事探しで失敗する人の特徴①業界のイメージで決めている

新卒の場合は特に社会経験がないため、イメージ先行で就職を決めてしまう傾向が強いです。

また、若さゆえに、長期的に人生設計を組むスキルがないため、目の前に見えるもだけを判断材料に意思決定してしまうのです。

例えば、大手アパレルメーカーのいくつかは、1日の労働時間を6時間と設定していたり、残業を禁止している会社があります。

ようするに、仕事以外のプライベートな時間も大切である、社員はプライベートの時間を有効に使い、英会話を習ったり、その他の資格を取ったりして、ビジネスマンとしてのスキルを身に着け、それを業務にも反映させよう。

という狙いなどがあるようです。

このような話しを聞いて「ユニークで楽しそうな会社だな」とか「社員を理解してくれる会社だな」など感じることでしょう。

しかし、そのようなモットーを掲げている会社であっても、実は内情は全く別だったります。

実際に、その会社の現役社員に話しを聞くと「建て前上はそのようなモットーを掲げているが、実際に6時間で退勤できる社員はいないですよ」というようなことも少なくないのです。

ですので、安易にイメージだけでよい会社と判断するのは危険というわけです。

 

仕事探しで失敗する人の特徴②会社から何が受けられるかだけにフォーカスしている

仕事探しで失敗する人の特徴の2つ目に、入社したら会社は自分に何をしてくれるだろうか?にフォーカスしてしまっているというものがあります。

会社に入ったら、給与はどのくらいもらえるのか?昇給はあるのか?ボーナスはどのくらいもらえるのだろうか?にだけ着目して会社を選ぶのです。

しかし、会社は利益を上げるために運営されている組織。

利益が出なければ、従業員に対して給与やボーナスを払えませんし、福利厚生を充実させることもできません。

もっというと損失がでそうになれば、躊躇なく人員整理を行います。

ですから、会社は安定していて常に社員に対して手厚い待遇を用意してくれるはずだと思うのは間違いです。

ですから、会社が何を与えてくれるからではなく、この会社で自分は何を学べるのかにフォーカスすべきです。

「仕事辞めたい」と思ったら好きな仕事に転職するべき

特に男性にとっては、自身の人生の7割ほどを捧げる形になる「仕事」。

ですので、仕事が人生の幸せ、不幸せを決めてしまうと言っても過言ではありません。

しかし、日本昔ながらの「終身雇用」のシステムは崩壊し、転職をせざるを得ない状況に追い込まれるケースも少なくなってきています。

2008年のリーマンショック以降、大企業でも倒産したり、経営が大きく傾くような事が普通に起こり得る時代になったのです。

そのような背景もあり、「今の仕事辞めたい」と考えだし、すぐ転職していってしまう人も多くなってきています。

 

あなたが「仕事辞めたい」と思う理由とは

「今の仕事を辞めたい」という人に、「なぜそう思うのか?」と尋ねると、「今の仕事は自分に合っていないから」とか、「仕事にやりがいを感じないから」と答えるケースはとても多いです。

要するに仕事自体がつまらないというわけでです。

これは本当におかしな話しです。

入社前には、当然その会社がどんな事業を行っていて、採用されたら自分がどんな仕事をやるのか?どこの部署に配属になるのか?を理解した上で入社しているハズだからです。

でも多くの人はよく考えもせずに、正社員になれるから、大きな会社で世間体が良いからというような安易な動機で入社してしまうのですよね。

この安易さが、数ヶ月、数年後に「仕事辞めたい」に繋がっていくわけです。

要するに、その仕事はその人にとって興味がない、好きではない仕事だったという事です。

 

好きな仕事を見付ける事は人生を変える

「仕事辞めたい、転職したい」とならない為にはどうしたら良いのでしょうか?

答えは実にシンプルで、「自分の好きな事を仕事にする」です。

例えばあなたが、子供の頃プラモデルを作るのがとても好きだったとしましょう。

あなたは、完成度の高いプラモデルとどうしても作りたいわけです。

休日に自転車を走らせ、ショップでプロモデルを塗装する為の塗料や艶出しニスなどを買い込み、家に帰ってプラモデル作りに没頭します。

母親の「ご飯よ」の呼びかけも耳に入らず、作業に没頭するのです。

しかし、プラモデル作りが好きではない人にとって、プラモデルを作るのはとても苦痛です。

細かい部品を見るのも嫌だ、塗料のニオイも我慢できないというふうになるでしょう。

仕事探しもこれと同じ感覚で探すと良いのです。

自分が好きで没頭できる事が仕事ならば、仕事は苦痛どころか、楽しくて仕方ないでしょう。

「仕事を辞めたい」なんて思うわけありません。

これまでのお話しをヒントに仕事探しをしてみてはどうでしょうか?

仕事を辞めたいときの心構え

現状の仕事を辞めて転職活動をするときは、かなりメンタルをキープするのが大変です。

どうやって自分の弱さに負けずに、転職活動をすすめていったらよいでしょうか?

 

「仕事を辞めたい」その気持ちを自分の中に秘める

今の仕事を辞めたい本当の理由が明確化すると、理想とする転職先のイメージができてきます。

そうしたら、いったんそのイメージを心の隅に置き、いつでも取り出せるようにしておいて下さい。

自分の心の中で「今の仕事を辞めて絶対いい会社に転職する」という決意をしっかり秘めて、毎日育てて決意を強くしていくのです。

ここで、注意しなければならないのは、その気持ちを家族や同僚や友人に他言しないことです。

あなたが「今の会社を辞めて、もっといい会社に転職するんだ」と、その決意や夢を他人に語れば、あなたはネガティブな意見にさらされます。

 

家族や友人さえ味方についてくれない

例えば、あなたが既婚者の男性で子供もいる立場であれば、奥さんからこんなことを言われるかもしれません。

  • 他の会社に行けば今より良くなる保障はあるの?
  • 自分のことより家庭のことを考えてよ!
  • また新人からスタートするの?

実際、口に出して言わないかもしれませんが、あなたの奥さんの根底にはこのような本音が必ずあるはずですし、あなたがまだ行動すら起こしていないのに、奥さんは余計なことを先回りしてアレコレ悩み、取り乱すかもしれません。

また、友人に転職を目指す旨を話したとしましょう。

  • 俺も転職したけど、なかなかうまくいかないもんだよ?
  • 俺も転職して給与は増えたけど、その分仕事が大変になったよ・・・

こんな意見なども、あなたをめがけてどんどん飛んでくることでしょう。

あなたがどんなに前向きな気持ちを持っていても、「今の仕事を辞めたい、転職したい」気持ちを他言すれば、たくさんのネガティブな情報にさらされます。

これに意味があると思いますか?

あなたが今、会社でどんな辛い目にあっているのか、どんな状況下にあるのか、あなた以外の人に理解できるわけがありません。

そのような人達があなたに向けて飛ばしてくる意見や提案を、あなたは鵜呑みにすべきではないのです。

他の人には正しい判断はできないのですから。

ですので、今の段階では会社を辞めたい、転職したい気持ちを自分の中だけに秘めておくようにしましょう。

中途採用されない人が持つ間違った視点

中途採用の面接においては、新卒採用とはまったく違う視点で面接が行われます。

ですので、しっかりした準備をしないと中途採用の面接を受けても何度も何度も不採用をもらうはめになります。

まず、中途採用されるには、正しい視点を持つことが重要なのです。

 

給与・待遇面などばかり気にしている

中途採用の面接のときに、給与や待遇面ばかりをしつこく聞いてくる人がいますが、これはかなりマイナスポイントになります。

面接官側の立場になってまずは考えてみましょう。

なぜ今中途社員を募集しているのでしょうか?

例えば、新しい事業の立ち上げに伴い、業界経験者の知恵やスキルを必要としているからとか、新卒を育てて一人前にするまでの時間やコストがないので、即戦力が欲しいという場合が多いのです。

ですので、面接官側が一番知りたいのは、「うちの会社で何ができるのか?」「会社にとってすぐに利益になる人材なのか?」ということなのです。

それを知った上で、話しを進めたいわけですし、逆に言うと、期待できない人に対して色々やり取りするのは時間の無駄になってしまうのです。

しかし、中途採用でなかなか内定をもらえない人は、「この会社に入ったら昇給はどのくらいあるのでしょうか?」「ボーナスはどのくらい出ますか?」「福利厚生はどうなっていますか?」といったことばかり質問するのです。

先ほども触れたように、面接官の目的は、「会社にとってすぐに利益になる人材か?」と見極めることですから、給与や待遇などばかり気にする人に対していらだちを覚えるでしょう。

そもそも、そのようなことばかり質問する行為自体、失礼に値しますから、面接官の信頼を得ることは難しいでしょう。

 

仕事を教えてもらえれば頑張ります(?)

中途採用で内定をもらえない人は、そもそも自分の市場価値を把握していません。

市場価値とは、ニーズのことです。

中途採用で内定が取れる人は、、会社のニーズに合致しているから採用されるのです。

要するに、中途採用される人は「会社の痒い所に手が届く人」であるから採用されるわけです。

しかし、このようなスタンスの人だったらどうでしょうか?

「私はこの業界の未経験者ですが、そちらが私に仕事を教えてくれれば一生懸命頑張りたいと思います。」

意外とこのようなスタンスで中途採用面接に臨む人は多いです。

これは言い換えれば、「私は会社の利益になる保証はありません、でもとりあえず私に給与を払って下さい」と言っているようなものなのです。

どんな会社でも、余剰に人材を雇っている余裕はありません。

ですからまず、自分の市場価値を把握した上で、その市場価値を評価してくれそうな会社に応募すべきです。

国民健康保険と健康保険はどちらに加入するのがお得なのか?

今の会社に将来はない、嫌な上司にこれ以上付き合っていられないと半ばケンカ別れするかのように仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

ただ、先のことを考えず感情だけで現状の仕事を即退職してしまうと、その後各種手続きのうっとうしさやお金の問題がどんどん出てくるのでうんざりしてしまいます。

ですから、仕事を辞める前に事前に各種保険のことなどについてある程度知っておくとよいです。

 

「仕事を辞めたい」その後訪れる面倒な保険の問題

会社に勤めていたときは、各種保険の手続きなどは会社がすべて代理で行ってくれていたため、あなた自身は何もすることなく、毎日同じように会社に出社し、同じように仕事をし、同じように退勤する毎日さえ送っていればよかったわけです。

しかし、会社を辞めてフリーになると、とたんに各種保険料の督促がとたんに自宅に届く形となります。

ずっとサラリーマンをしていた人にとっては会社を辞めると1から10まですべての手続きや支払いをやらなければならないことに、うんざりすると思います。

まず、もっとも大切なこととして、退職後の医療保険の加入手続きを忘れないことです。

我が国は、基本的にすべての国民に医療保険の加入が義務づけられているのです(国民健康保険法によって)。

ですから、会社で加入できる「健康保険」か市区町村が管理している「国民健康保険」のどちらかに加入する必要があります。

 

国民健康保険と健康保険の違いと保険料の比較

会社員の場合は、基本的に健康保険に加入していると思いますが、この場合、保険料は給与から天引きされる形となっており、保険料は会社と本人で折半になります。

ですから、あなたが在職中に支払っていた保険料は保険料全体の2分の1となっていたわけです。

実は、会社を辞めたあとでも、退職日の翌日から20日以内であれば手続きををして退職前に加入していて健康保険を最長2年間継続することができます。

(条件として、退職前に連続して2ヶ月以上健康保険に加入している必要がありますが)

一方、国民健康保険は市区町村が管理する保険で、自営業者や無職の人が入るケースが多いですが、支払う保険料の金額については、実は市区町村によって異なります。

とすると、市区町村が加入の窓口となっている国民健康保険と、会社で加入する健康保険とどちらが負担金額が低く済むのかという議論になると思います。

特に失業期間中は保険料が安い方がいいわけです。

実は、国民健康保険の保険料は、住んでいる地域と前年度の所得によって違ってきます。

一方、退職したあとも健康保険を継続する場合、保険料は標準報酬月額によって違ってきます。

ですから、国民健康保険については、自分の住む市区町村役場、健康保険については、自分の住んでいるエリアを管轄する社会保険事務所に問い合わせて比較するしかありません。

「仕事辞めたい」ネットビジネスで生計を立てるのは可能か?

インターネットの普及により、今はYouTubeやアフィリエイトなどで生計を立てる人が増加傾向にあるのは事実です。

多くのインターネット起業家が、事業を始めた動機は「仕事辞めたいから」「会社に行きたくないから」というものがかなり多いです。

多くの人は、インターネットが好きで起業するというよりは、今の仕事から逃げる為に起業する人が多いのですよね。

では、もしあなたが「今の仕事を辞めたい」と考えている場合、ネットビジネスで生計を立てるのは可能かどうかということについてお話ししたいと思います。

 

「仕事辞めたい」人がたくさん参入するネットビジネスの「光」

「今の仕事辞めたい」という気持からネットビジネスに参入し、必死で努力した結果、月収100万、200万、それ以上に稼げるようになった人が実在するのは事実です。

それらの人は会社に行く必要もなく、家で自由に仕事ができます。嫌な上司もいませんし、同僚や顧客との人間関係で疲弊することもありません。

もちろん、ビジネスなので、完全に他人の接触を断ち切ることができるわけではなく、何かしらの形でお客さんや取引先と接触することになりますが、その頻度は会社員として働くよりも圧倒的に少ないわけです。

ですので、精神的、肉体的にもからり楽です。

そして、何よりも自分の頑張り次第で収益を倍々にしていくことも可能です。

会社員の場合は基本給のアップが年1回くらいありますが、個人で事業をした場合は収益が出た分そのまま自分の給与になります。

とても夢のある、そしてやりがいのある仕事と自由な生活を楽しむことができます。

 

ネットビジネスで生計を立てるのは可能なのか?

しかし、会社を辞めてネットビジネスに参入し、収益を上げていくのは楽なことではありません。

ネットビジネスでも、会社員としてでも、お金を得るということは相応の労力を費やさなければいけないわけです。

ましてや、ネットビジネスで100万、200万稼ぐの為には、会社員のように1日8時間の労働では足りないでしょう。

また、ネットビジネスを始めてから生活できるレベルまで収益を上げられるようになるまで、何年もかかる場合もあります。

でも、それをそれを実現する人もいるのは事実ですから、ネットビジネスで生計を立てることは可能ではあります。

ですので、あなたがもし「今の仕事を辞めたい」と思っているのであれば、今の仕事を続けながらコツコツとネットビジネスに取り組むのがベストです。

 

良い転職をするために何が必要なのか?

そもそも転職をする目的な何なのでしょうか?

仕事をすることによって他の人の役に立っていると実感することができ、社会との接点を持つことの喜びを感じることができ、プライベートも豊かにできます。

本来の仕事の形はそのようなものだと思うのです。

しかし、転職したことによって以前より経済的、精神的な状況が悪くなってしまう人も少なくないのです。

 

自分はどのようなライフスタイルを希望しているのか

転職をするとライフスタイルが変わる場合が多くなると思います。

というのは、転職によって就業時間が変わることもありますし、休日が変わることもあります。

勤務地が変わったことによって通勤時間も変わりますし、良い意味でも悪い意味でも仕事によるストレスの種類や質も転職することによって変わるでしょう。

良い転職をするには、まず第一に自分が希望するライフスタイルはどのようなものなのかを確認しておくことです。

どういうことかというと、プライベートを充実させたいライフスタイルを希望する人が、給与はいいものの休日や定時あがりの少ない会社に転職してしまえば、その会社に勤めている限りはプライベートを充実させることは難しいでしょう。

また、逆に、人生を仕事で充実させたいという人が、週3日も休みのある会社に転職してしまったら、物足りなくなってしまうかもしれません。

このような、理想と現実のギャップが転職の失敗を招くのです。

 

自分の市場価値を十分把握しておく

良い転職をする上で必要なのは、あらかじめ自分の市場価値を十分に把握しておくことです。

市場価値を把握するとは、言い換えれば自分のどの部分にニーズがあるのかを把握することです。

具体的には、飛び込み営業に10年携わっていた人であれば、営業職へのニーズは高めだと考えられます。

飛び込み営業というのは、アポなしでしかも初対面の相手に対して、物やサービスを売るわけですから、相当なスキルが求められます。

また、ホームページを制作できたり、プログラミングができる人は、その分野で即戦力になれますから、ニーズが高いわけです。

逆にホームページ制作やプリグラミングがどんなにできても、営業の分野に関してはニーズはないと言えるでしょう。

ですので、良い転職を目指すのであれば、自分はどんな仕事がしたのかを把握しておくことも必要ですが、自分の市場価値も把握しておくことが必要なのです。